COMMUNITY
CENTER

コミュニティ
センター

瀬戸みどりのまち病院敷地内コミュニティセンター外観

医療法人 宏和会 コミュニティセンターについて

コミュニティ室

瀬戸みどりのまち居宅介護支援事業所

訪問看護ステーション まい

みどりのまちヘルパーステーション

はたやま地域包括支援センター

医療法人宏和会 コミュニティセンターは
瀬戸みどりのまち病院敷地内に設置されており、
介護・医療・福祉などに関する相談窓口や、
地域住民の方々が交流に使用できる部屋などの
5施設を内包している施設です。

事業所紹介

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、瀬戸市より委託された地域の高齢者(65歳以上の方)の介護・医療・福祉の無料相談窓口です。
住み慣れた町で自立した生活が継続できるよう、高齢者の介護予防に関する総合的な支援を行います。
また、地域包括支援センターは、高齢者の人権や財産を守る権利擁護の拠点として、成年後継人制度の活用促進や虐待の早期発見・帽子の相談も受け付けています。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所は、介護が必要とされた方(要介護1〜5)が日常生活を送るために必要となる保健医療サービスまたは福祉サービスなどを適切に利用することができるよう、利用者の依頼を受けて、その心身の状況、おかれている環境、利用者本人や家族の希望などを考慮したうえで、利用するサービスの種類や内容、これを担当する者などを定めた計画を立案し、その計画に基づいてサービスが提供されるよう支援いたします。
また、要介護認定の申請のお手伝いもさせていただきます。

訪問看護ステーション

医師の指示に基づき、看護師等が利用者の居宅を訪問し、健康チェック、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスです。

サービス内容

病状・障害の観察と判断、健康管理、食事・清潔・排泄のケア、水分・栄養管理リハビリ、日常生活動作の訓練、医療的なケア(傷や褥瘡[床ずれ])の処置、点滴や医療機器等の管理など、薬の飲み方と管理、療養生活、看護・介護方法に関する相談・助言、家族の悩み相談、終末期ケア、かかりつけの医師との連絡と調整

ヘルパーステーション(訪問介護)

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)を行います。

コミュニティ室

コミュニティ室は地域のみなさんが気軽に集まったり、
会議や学習するためのお部屋で、みなさんが自主的に
使用し、あるいは医療法人 宏和会の主催事業に参加するなど、
地域交流の場所として気軽にご使用していただくお部屋です。

コミュニティセンター内コミュニティ室内観

コミュニティ室

面積48㎡
利用可能人数約45人
会議用机を使用した場合約30名

利用用途

地域の皆様の会議・会合
(町内会、婦人会、ボランティアグループなど)
営利を目的としない趣味活動教室 など

貸出可能物品

机、椅子、プロジェクター、
スクリーン、ホワイトボード、
55インチテレビ

利用日・時間

月曜日〜金曜日
・・・8時45分〜17時
土曜日
・・・8時45分〜12時

利用料金

自治会、町内会、婦人会等の地域住民の会合
・・・無料
サークルグループ・趣味活動など営利を目的としない教室
・・・1時間300円

所在地

〒489-0875 瀬戸市緑町2丁目114番地1
瀬戸みどりのまち病院内
※瀬戸みどりのまち病院駐車場を
ご利用ください。

コミュニティ室に関するお問い合わせ

瀬戸みどりのまち病院 コミュニティセンター担当者まで
TEL:0561-84-3113

フロアマップ

コミュニティセンターのフロア案内です。
マップをクリックすると詳細が確認できます。

瀬戸みどりのまち病院内コミュニティセンター
コミュニティセンター1F
コミュニティセンター2F