HOSPITAL
INFOEMATION

病院案内

瀬戸みどりのまち病院の個室内観
瀬戸みどりのまち病院委員長浅井健次

初めてこの高台の地に立った時、心地よい風の吹く新緑の季節で、あいち海上の森や多くの自然の緑が見渡せるロケーションが広がっていた事と、瀬戸市緑町(みどりちょう)の地名から「瀬戸みどり」の文字を頂戴しました。
まち病院については、地域住民の皆様はもちろんのこと、地域の医療機関様、関連業者様、病院スタッフ・・・だれからも愛される、「みんなのまちの病院」として地域と深い結びつきを目指した、医療(慢性期医療・在宅医療等)を育んでいけるようにという思いを込め「瀬戸みどりのまち病院」と名付けました。

瀬戸みどりのまち病院 院長
浅井 健次

基本理念 瀬戸みどりのまち病院の基本理念です

患者さん本位の
医療サービス体制の確立

医療法人宏和会の基本理念の根幹となる「患者さん本位の医療」とは医療行為だけではなく、患者さん、 そのご家族様の心に寄り添った治療・提案を誠実に行います。

地域に密着した医療

当法人は、瀬戸みどりのまち病院・あさい病院・あさいクリニック・しなのクリニック・とりはらデーサービスセンター等、医療と介護を超えて地域の皆様の生活に寄り添います。

全職員の緊密な連携による
高度な組織医療

医師・看護師・介護士・セラピストの緊密な連携により患者さんの体と心に無理のない、組織医療を目指しています。

CONSULTATION

診察のご案内

診療時間

午前 9:00~12:00 (受付時間 8:30~12:00)
午後 1:00~5:00 (※午後は訪問診療のみ)
<!>但し、診療科によっては休診の場合がありますので、お問い合わせください
休診日:土曜日、日曜日、祝日

面会時間

月 ~ 土 午後 2:00~午後8:00
日・祝日 午前10:00~午後8:00

診療科目

内科、外科、皮膚科(4月4日より外来診療開始)、
リハビリテーション科(小児リハ)、訪問診療(往診)

沿革

昭和8年浅井武雄が愛知郡長久手町岩作にて浅井医院を開設
昭和9年瀬戸市東権現町に分院を開設
昭和22年長久手の浅井医院を廃止し瀬戸市の分院を浅井病院とする
昭和26年医療法人 浅井病院と法人化 許可病床 20床
昭和55年医療法人を医療法人 宏和会と変更
宏和会 山口病院開設
平成7年浅井資弘が宏和会 会長に就任するとともに
長女 浅井敬子が理事長に就任する
平成9年2月医療法人 宏和会 訪問看護ステーションゆう開設
平成9年5月やまぐち老人デイケア開始
平成10年4月山口介護支援センター開設
平成10年7月訪問看護ステーションまい開設
平成11年4月在宅総合サービスセンターしなの開院
山口ヘルパーステーション開設
平成11年8月山口居宅介護支援事業所開設(山口病院内)
しなの居宅介護支援事業所開設(しなのクリニック内)
平成11年10月浅井居宅介護支援事業所開設(浅井病院内)
平成12年4月浅井ヘルパーステーション開設
浅井居宅支援事業所、山口居宅支援事業所、しなの居宅支援事業所開設
やまぐち老人デイケア→やまぐち病院指定通所リハビリテーション事業所
平成15年2月とりはらデイサービスセンター業務開始
平成16年8月浅井病院新築移転同時に浅井病院・山口病院の
名称をあさい病院・やまぐち病院に名称変更
平成17年9月浅井居宅介護支援事業所→あさい居宅介護支援事業所に名称変更
山口居宅介護支援事業所→やまぐち居宅介護支援事業所に名称変更
山口ヘルパーステーション→やまぐちヘルパーステーションに名称変更
山口介護支援センター→やまぐち介護支援センターに名称変更
品野居宅介護支援事業所→しなの居宅介護支援事業所に名称変更
平成18年3月あさいクリニック新築オープン
平成18年4月やまぐち在宅介護支援センター、在宅介護支援センターしなのを廃止し
はたやま地域包括支援センター、包括支援センターしなの開設
やまぐち病院訪問リハビリテーション事業所開設
平成20年3月訪問看護ステーションゆう、しなの、
まいを統合し訪問介護ステーションまいとする
平成22年1月あさいクリニック訪問リハビリテーション事業所開設
平成29年3月やまぐち病院から新築移転 瀬戸みどりのまち病院開設